2番目の厄年 完結編

| コメント(0) | トラックバック(0)

更に「文句があるなら言えるんですよ?」と、鼻息荒く不服申し立てのような

制度を紹介する婦人警官。

 

いやいやいやいや・・・・善良な小市民がお上(古いW)に文句を言った

ところでどうにもならないことくらい私も知ってますW

 

私は、違反は受け入れる(受け入れさせられる????)気ではいたんで

そういうことは言いたかったんじゃないんですけどね~

 

ってことは、婦人警官ならもっと知ってるはず。

 

中年の警官の方が仲裁に入って婦人警官をたしなめてくれたんで

何事もなかったですけど。

 

つかまったこと、未だに不満な私。

 

でも、そんな婦人警官に当たったことの方が運が悪かったなあ~~~

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://oneshot.oops.jp/mt-tb.cgi/240

コメントする

このブログ記事について

このページは、oneshot.oops.jpが2008年12月13日 16:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2番目の厄年 続き」です。

次のブログ記事は「3番目の厄」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2